日光国立公園 Nikko National Park
三本松茶屋
     Sanbonmatsu chaya Ecotourism Center


You can choose your favorite language↑
Translation language table is here.
お問い合わせフォーム(ここをクリック!)

 0288-55-0287   


会社紹介

社歴

7名
株式会社 三本松茶屋 社歴一覧
 年度 社長名 社員数 自社の事業 経営環境・時代背景
1871年(明治4年) 喜七
(初代)
家族のみ 三本松茶屋 創業(記録が曖昧で極めて不透明)   
1894年(明治27年)   日清戦争はじまる 
1901年(明治34年)   田中正造が足尾鉱毒事件について明治天皇に直訴する 
1904年(明治37年) 鶴巻喜七がお茶屋として商売をしていた記録が残っている  日露戦争はじまる 
1906年(明治39年)   西澤金山探鉱株式会社が設立される 
1909年(明治42年) 喜六誕生(2代目)   
1923年(大正12年)    関東大震災発生
1927年(昭和2年) 五百子誕生   
1945年(昭和20年) 喜六
(2代目)
林野庁(営林署)の仕事を受け、気象観測をはじめる   
1948年(昭和23年) 宇都宮市古賀志町で農家の次男として正男生まれる   
1949年(昭和24年) 日光市戦場ヶ原にて三本松茶屋の長女として育子生まれる   
1964年(昭和39年)   東京オリンピック開催 
1973年(昭和48年) 正男 三本松茶屋に嫁ぐ入り婿として入る  足尾銅山操業停止 
1974年(昭和49年) 勝弘 三本松茶屋の長男として誕生   
1977年(昭和52年) 康文 三本松茶屋の次男として誕生   
1982年(昭和57年) 友之 三本松茶屋の三男として誕生   
1992年(平成4年) 5名  個人事業所から有限会社に  
1993年(平成5年) 三本松茶屋 店舗 改装   
1996年(平成8年) 正男
(3代目)
正男 社長に就任(2代目)  
  有限会社から株式会社に 社名を『株式会社 三本松茶屋』に変更   
1998(平成10年) 駐車場の舗装工事とトイレ新築工事   
1999 (平成11年)   日光二社一寺が世界遺産に登録される 
2000 (平成12年) 長男 勝弘 死去  
2003 (平成15年) 6名 次男 康文入社  
  ライブカメラ設置   
2005(平成17年)   戦場ヶ原を含む『奥日光の湿原』がラムサール条約に登録
2006(平成18年)   旧日光地区を含む5市町村が広域合併される 
2008 (平成20年) 一般酒類小売免許取得   
2010(平成22年) 喜六 死去   
2011(平成23年) 震度6強の地震に見舞われるも建物、従業員すべて無事  東北太平洋沖にて東日本大震災 発生 
  那須野ヶ原経営研究会 入会  
2013年(平成25年)   日光観光協会が広域合併
2016年(平成28年) 7名 エコツーリズム事業部を新設 熊本地震 発生
2017年(平成29年)    日光東照宮が造営400周年を迎える
2020年(平成32年)   東京オリンピック開催予定